525600min

1年365日(閏年を除く)、525600分のブログ

October 16, 2017 Monday




     小雨の微風...静かな神無月の第三月曜日、お昼...薄暗い曇天の憂鬱な一日。
  ここ数日、電離層の影響下...「中国」からの電波が良く入ってきます。
  本日に限っては、上空250KMから1000KMの広範囲に強いF層イオノグラムが存在。


     93.6MHz...中国語で「負けない事...寂しい~、...駄目に成りそうな時...」。
  日本の曲が流れ...「中華国FM放送」が、日本のラジオで...。
  アンテナ次第ですが、可也強く入って来る瞬間もあります。


  99.2MHz,94.2MHz,93.4MHz,94MHz,92.3MHz,90.8MHz,90.2MHz,90MHz...大混雑。
    102.4MHz等、現在強く伝搬しています。この現象、午後2時頃まで続く...。
  毎回、13時台が安定して聴取出来...14時頃には聴こえなくなる。


   偶には、異文化との交流も欲しい処...良い機会と、お昼休みに聴取。
   強く入る時は、日本のFM放送局並み...時折、電離層の揺れるノイズ感が良い。
   イオノグラムを観察するに、15分毎の更新であるが...。


   如何やら、若干...と「韓国・北朝鮮」でしょうか? ...先程までの局から、変化...。
   上空100KM付近にEs層、5MHz~7MHz位に強いイオノグラム出現です。
   此方に影響を及ぼされたのでしょう...聴取ご希望の方は、お急ぎ下さい。


   イオノグラムな毎日、電波を発射するタイミング等も追及の途...。






    12時45分頃...北関東(「国分寺」)、Es層5MHz~7MHz出現により...。
    13時前に伝搬終了...上空400KM以上からの反射波は、Es層により遮断。
  なお、F層のイオノグラムも弱まり...この現象はクローズしました。
  但し、Es層イオノグラム次第では(臨界周波数が低く)時折、入ってきます。





  
  午前中11時半過ぎ...「中国」から30MHz付近のアマチュア無線を傍受。
  次いで、29MHzのFMで「北海道」からアマチュア無線を...。
  同時間帯、50MHzにて...49.75MHz付近に強い電離層からの反射波を...。
  やはり、現象を把握していました。ここ2年位、観察を続けています。
  この時間帯は関東から、日本の中国地方・山陰地方へ開けている様...。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。