525600min

1年365日(閏年を除く)、525600分のブログ

October 18, 2017 Wednesday



     紅葉の候 山肌も秋色に彩りを魅せ、草木も眠りに就く季節...。
  朝晩、目っきり寒くなります。庭先の柿...熟して、程無く晩秋の薫りも。
       今月は、「受信環境クリーン月間」...。年末に向け、刻一刻と。


  秋本番と言った処でしょうか...今秋は、先週まで最高気温が29℃。
  例年に比べ、統計上も暑かった事と察します。
  週末、台風が日本列島に接近との事ですが...今月も下旬に差し掛かり...。
  
  FMラジオの台風予報の話題から...、観測史上3番目に遅い時期の台風。
  1990年の11月30日が1番目、1964年10月27日が2番目...。
  昭和生まれの私には、節目となる台風と...。1990年、活動的な時期...。


  台風と電離層...関連性は薄いと考えますが、台風位置付近のイオノグラム。
  吹かれた様に電離層が揺れ、面白い現象を目の当たりに...。
  この様な、地磁気・太陽活動...の影響下、受信環境も変動の一途...。


  通信に携わる従事者に於いては、御苦労も多いかと思う。
   「受信環境クリーン月間」...「電波の戒律を遵守せよ」ポスター口語。
  ポイ捨て&受信環境クリーン系のポスター水彩画、懐かしい限り。


  と、本日のブログも纏まらず...週中日、水曜日の夜も更けて行きます...。





  「受信環境クリーン月間」とは...裏腹と言いますか、電離層の短時間の急変。
   昔、アナログテレビ・ラジオの視聴で感じた...あの、サッサッ,,,ササササ,,,音。
   この電離層の急変から来た、音だったのか...。と、感じる今日この頃。
   1枚目の写真、電離層が落ち着いて来た時の写真
   2、3枚目の写真、15分で電離層が急変した時の写真(周波数及び高度=比例的な時)
   4枚目は、太陽活動が停滞期に入る直前の電離層状況(イオノグラムによる)
       


  
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。