525600min

1年365日(閏年を除く)、525600分のブログ

October 21, 2017 Saturday



      秋雨の候 寒暖の差...日に日に落葉の進む景色に一興を感じます。
   寒くなりますが、早朝の小鳥達も秋の恵みを享受...。
   庭先の花見月の赤実、囀り乍ら全て食され...枯れ木にも似た様。


   十月の第三土曜日...遅い台風の影響、秋雨前線から雨模様...。
   湿気、曇天と雨粒...薄暗く覇気の無い一日と成りました。
   近年の雨天候...大雨により水害による被害も多く在りましたが...。
   乾いた冷たい空気より、優しい雨の暖かさに安らぎを得ます。


   本日の話題は、この様な一日...インドアで過ごされた方が多いかと。
   少しの時間を割いて、「ミリワットQRP電力測定アダプタ(ダミーロード)」。
   更に、「オンエア・モニタ」の電子工作と成りました。


   電子回路入門...単純且つ基本、1時間も有れば簡単に製作可能。
   無線雑誌からの工作ですが...大事な基礎回路理論が組み込まれています。
  



         ショットキーバリア・ダイオード3本、抵抗2本、積セラ3本、TR1個他...。


  「ミリワットQRP電力測定アダプタ」、プローブから入力した高周波。
    ダイオードの順方向電圧としてサーキットテスタで、DC電圧測定する装置。
    入力インピーダンスを純抵抗50Ω(100Ωの並列)で平衡させ、ダイオード検波。
    アノードからカソード...Vf電圧を測定するに、バイパスコンデンサを経て。
    直流電圧として、テスターで測定する...と、この様な仕組みと考えます。
    (バイパスコンデンサ=この場合、デカップリングコンデンサとも呼びます。)


       「オンエア・モニタ(RFプローブ)」、同じくプローブから入力した高周波...。
   此方は、信号目的の回路ですので...まず、コンデンサで直流成分をカットします。
   交流は、ご存じの通り電流の向きが180度反転し流れます...。
   そこで、ダイオードを使った倍電圧整流回路を用い、プローブ側・アース側...。
   両方からの電圧を、カップリングコンデンサへの充電・放電に合わせ、
   トランジスタのベースへ送ります...倍電圧整流回路通過後、バイパスコンデンサ、
   此方を設定して、デカップリング...つまり、交流成分をアースへバイパス。
   是に依り、倍電圧整流された直流電流(概ね)がベースとエミッタ間を流れ、...。
   コレクタ、エミッタアース間に出力が検知されるシステムと考えます。   
   (コンデンサ=カップリングコンデンサ...直流成分カット・交流信号を伝送...)


         実際に、携帯電話で「ミリワットQRP電力測定アダプタ」を使用...。
    VF=0.27V程度...携帯電話をプローブ(電線をコイル状に巻いた物)へ近づけると。
    簡易的に、テスターの電圧が3mV~10mV程度間変化しました...。
    両回路(簡易測定器)共に、無電源で動きますので...重宝します。
    ゲルマニウムAMラジオ...同程度の回路かと。未だ、この域を脱せず...。
    アンテナアナライザーの購入にて、実験的に前製作し楽しんでいます。


    作者は、上記2番説明「CW送信機のモールスを聞くオンエア・モニタ」...また、
  「ミリワットQRP電力測定アダプタ」作者は、「...mWの小電力のダミーロード」
   と、表現されています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。