525600min

1年365日(閏年を除く)、525600分のブログ

October 25, 2017 Wednesday


   途中経過...過去35万円無線局(5W移動局・常置流用)、今回はアマチュア無線局...


   書籍 25,000円(無線工学・法規・周波数台帳・C言語・電気工事士・自作本他) 
   電子部品 160,000円(基本部品最低限一式・簡易テスタ他)
   資格費用 48,000円(テキスト・講習費・交通費・受験料他)
           受信設備 15,000円(アンテナアルミ5本・SDRラジオ・ダイポール配線・釣り竿)


 ...合計248,000円、無線工学と自作用部品と実験用具・テスタで20万円と成り...。
 48,000円は、資格取得に掛かった費用...3級養成(4級は過去の無線局時取得)。
 2級自主講習参加費用、国家試験・交通費...などですが...。書籍は、ほぼ古本。


 20万円...同軸2万円、GPアンテナ6万円、SWR計2万円、100W無線機8万円。
 避雷器・ダミーロード・アース0.8万円、周波数カウンター4.2万円、開局費用0.5万円。
 プラス35000円で...開局済みと。...コールサインは、現在「JJ1」と言う事で...。


 準備で25万掛けるのなら、開局した方が...部屋も綺麗ですし、スッキリしますが...。
 ハンディ機2万円で、V/U無線局...。目的は、多数達成出来た、実りの有るものに。
 電鍵やら、細かい話は無しでの上記無線局...、如何なものかと思案します。


 取って付けた様な、2年弱での昇級...ブランクは25年に及びますが。ハムでは...。
 電子工学に無線工学、数学に外国語...自然科学に物理学...何でも在りの趣味の王様。
 しかし、電子部品16万円って...正味14万弱だと思いますが。単価は、100円以下。


 テスタ...高い物で5000円弱、LCR・DSO1308オシロ・周波数カウンター2台。
 電界強度計・電流クランプ・ファンクションG・PIC/AVR書き込み機・デジタル。
 欧文CW解読器・GPSなど。本物は外国製で、30万程度(スペアナ・オシロで)  。


 アンテナアナライザーも電子工作レベルの物を調達したが...国内品は6万円前後。
 さて、一趣味30万+時間比...このペースで来たが、今回は時間による比率で...。
 立地が悪い条件だけに...100W位で限界。当面、10W開局を目指しています。


 248000円、電子部品14万弱なんて...何時の間に。実りの年齢...何とか載せます...。
     

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。