525600min

1年365日(閏年を除く)、525600分のブログ

November 1, 2017 Wednesday



    朝寒の候 霜月...1日の月曜日、先負。金曜日は「文化の日」...。
         週末3連休...、3日は大安祝日。お祝い事で、お忙しい事と察します。
    外は寒く、家の中は暖かく...緩急にて、若干凌ぎ易く成りました。


    雪化粧の富士山も...先日の冠雪でその様な趣を魅せ...今年も、後僅かかな。
    等と、考える秋晴れの空...澄み渡る空気、時期に霜柱も立ちましょう。
    地から心底冷えそうですが、歩く機会の少ない時代...偶には一時を捧げ...。


       五年に一回の免許更新日...赤い親展の表示、何回振りでしょう。
    ここ数回は、軽微な違反とて交通犯罪と為りますが...「一般」講習。
    思い起こせば...数十年慣習的に使用していた市道路、交通ルールの変化...。


     時間帯右折禁止...数十年とは言え、慣習的に年に数回通行する態様...。
     突然、その日その時間に限って車列が途切れ...慣習的に右折を行う。
     タイミングが良過ぎる...他、交差点で赤信号渋滞、直進中左車線より...。


   手押し信号交差点、直進中交差点侵入から、左より無理矢理右折...。
   過去、こう言った...人為的な人災による被害多数、何れも物損。
   職業柄、自動車の構造に詳しく...保険物損調査職も経験しているが...。
 
   家柄、門地...職業柄、様々な因縁による被災...胆に銘じ、今を生きつつ...。




 






   ダイポールアンテナ(20M=10M+10Mエレメント/24.3μH-バラン)現在受信用
                    2M(90度)+8M+バラン+8M+2M(90度)
                    0.75sq電気コード+バラン+10D-FB(9M)
                    1階屋根上(地上6.5M)直置き幅14M前後
          SWR            Z
     1.8MHz     X       109Ω              
     3.7MHz          X         82Ω
                  7.1Mhz        5.28       39Ω                 アンテナの特性が一目瞭然
     10.1MHz        6.42       53Ω      エレメントとして作用...14M強
     14.1MHz           X           87Ω      18MHz=約16.7M程度 1λとし...108Ω
     18.1MHz   X       108Ω                 センター18MHzで7から29MHz
        21MHz         8.98         63Ω                 HF用のアンテナですね
               24.9MHz    3.25      53Ω     全体のケーブル長は20Mですので...
        29MHz         6.53         82Ω                 14MHz=約21.4M程度 1λ...IMP大
     51MHz           X          139Ω     左右90°折り曲げの効果も出て...


           雨戸の上、屋根瓦の上を這わせています...はて、10MHzと25(24)MHz。
   7MHzと21MHz...30Mと12M...40Mと15Mの波長と成りますが...。
   20Mの電線ダイポールアンテナ...7・21/(28)MHz既製品のアンテナ周波数。
   10・24/(18)MHz...納得行く結果。確かに、10/18/24のダイポール。
   波長とアンテナ長...短縮率と素材、周辺環境からの影響...色々と参考に。
           18MHz...16.6666M(17M)、ダイポール両脇2M前後を直角に垂らしています。
   1λとなり、入力抵抗(インピーダンス)最大...当然の結果も分かる気がします。



        グランドプレーンアンテナ(1.5Mエレメント/ラジアル1.5M4本マイナス35度)受信用
                     アルミパイプエレメント直径16mm
                     0.75sq電気コードラジアル1.5M4方
                     屋根上3.5M(地上12M前後)


          SWR              Z
                  1.8MHz      6.31           100Ω
     3.7MHz      4.64             92Ω              14MHz=約21.4Mをセンターとして
     7.1MHz      1.55             76Ω    アンテナ支線=10M前後...DIP
      10.1MHz      4.03           113Ω              1.8MHzから29MHzまで...50はGP機能
      14.1MHz        X               70Ω    給電点地上高10Mとアンテナ支線10M   
                 18.1MHz      4.03            68Ω    アンテナアース線10M前後のトリプル
                   21MHz       1.47            65Ω    SWRが測定不能なのは...上記条件下
      24.9MHz       3.42          127Ω    1/4λのGP...1/4λ支線ダイポール作用...
         29MHz       9.38           128Ω              SWRとインピーダンス測定
      51MHz       2.22             84Ω       SWRを下げる工夫が難しい?                


   造りは、50MHz用の1/4λGPですが...144MHzにマッチしたアンテナです。
   7・21MHz、面白い結果です...アンテナの支線四方に絶縁で結んで在りますが...。
   確かに21MHzと18MHzは、-70db程度でそれなりですが良く入ります。
   微妙...、3.5・7MHzは電離層状況Es層発生時、そこそこ聴こえてきます。
   50MHz用ですが...、50MHzは普通に。支線の影響で、ダイポール化して...。
   支線の長さは、一方向5M弱...GP挟んで10M程度です。絶縁...一部這わせて...。


      メタメタですが...そのうち少しづつ纏めていきます。まずは、アンテナ特性。
    VSWR計も電子工作レベルの物らしいですが...目安に使えそうなので。
   インピーダンスも測定できるので...楽しみです。活用したいと思います。
      送信レベルまで...後どの位時間を費やすか、模索中にて...。後一息入れます。
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。