525600min

1年365日(閏年を除く)、525600分のブログ

November 19, 2017 Sunday



       霜降...そうこうしているうちに...,,, いや、11月は、のんべぇ~ぷはぁ~↑...とかww
       チョ、腹筋の運動WW... ,,,↓まっ、いいですが...。←禁止)))11月も下旬に入ります。
  ラジオ製作ブログの続きを再開...、アンテナから共振回路、続いて高周波増幅...。


  アンテナは、ループアンテナと解し...共振現象を利用する共振回路までは...何とか。
                    
  共振回路のインピーダンスが最大に成り、アンテナからのRFが迂回する。
  信号波は、交流成分が主で信号(振幅変調)の搬送波(被変調波)を形成。
  信号を拾える距離と放送波出力の関係で、594/693KHzは近所...直線で20KM。



  アンテナに指向性を持たせて...、局方向にアンテナを向ける。間違いない。
  しかし、通常のラジオは...大きなアンテナなど必要としていないのに入る。
  まぁ、810kHzから1420kHzは若干入りが悪いが...でも、聞き取れる程度で。




       アンテナ-BPF(共振回路535~1620kHz)-局発+MIX(OSCコイル796kHz)
       BPF(IFコイル455kHz)-IF_AMP(IFコイル455kHz)-AM検波...6石スーパーとか。
       白がBPFで黒がIF増幅段?...、黄色を入れると2段IF増幅なのか?


   
   高周波増幅段...スーパヘテロダイン方式と。ラジオを作って、局発を...。
   原理的に受信が出来そうだが...まず無理だよね。ベース接地の高周波増幅。
   テキスト程度...エミッタ接地で代用する。ベース接地は、例が少なく難しい。


   さて、ちょっと休憩して...ブレッドボード上で組んでみます。フッフッフッ..=3



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。